動物愛護センターにて保護された雑種犬がすき放題に書くブログ。その飼い主であるおにーちゃんは、我流出鱈目式の沖縄三線弾き。
どちらもブリーダーとペットショップが大嫌い。

2008年05月28日

新緑の季節、勝手な飼い主が犬を捨てて引越ししてゆくのだ




NPO法人日本動物生命尊重の会A.L.I.S様のサイトより、内容を引用しています。

埼玉県入間市にてミックス20頭の多頭飼い崩壊
埼玉県入間市に20匹の雑種中型犬と5匹の猫と1匹の子猫が外で犬小屋も建物もない状態に置かれています
立ち退きで飼い主だけが移転し、犬猫はそのまま残されています 
この子達は23日に保健所で処分をされる予定でしたが22日に当会がそのことを知りすぐに保健所に申し入れて 一応、処分は取りやめになりました 



然しこの子達のいる場所の土地は整備中で日中は工事が続けられており 立ち退き要求をされると行き場がありません 
保健所とは管轄が違いますので再度 申し入れをしなければなりません
受け入れられない場合には数日で再度 保健所へ出さなければならない事態に陥る事も十分に考えられます 本日スタッフが餌やりに現地に行きましたがどの子も人が好きで穏やかな子達だそうです
また土地が全体にくぼんでいますので雨が降ると胸まで水に浸かってしまいます 晴れた日は日陰もない所にそのままです 
最悪の条件下でぎりぎりに生きています
この子達を助けたいと思います 
★一時避難宅や新しい飼い主さん、面倒を見て下さるお手伝いボラさん、飼い主募集のポスターを貼って下さるお店や個人宅などを募集しています 
  生まれてきてこれまでずっと不幸だった分をせめてこれから幸せにしてやりたいです
ご協力をお願い致します
★必要な物資 
中型犬小屋(プラスティック製は冬は寒く夏は暑いので犬が入りませんので木製の犬小屋が必要です)
フード(水が置けませんのでなるべく缶詰めが良いです)
  医療費用 運搬の人手 食器 毛布 バスタオル 外で繋がれていますので鎖のリード 首輪 普通のリード(お散歩の時に使う)などをお願い致します   
時間がありませんのでよろしくお願い致します






引用終わり

注:リンク先には、干からびて骨になってしまった子犬の画像などがありますので、怒りでモニターをぶち壊さないようにご注意ください。
凄惨を極めています。


posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 底辺の犬たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。