動物愛護センターにて保護された雑種犬がすき放題に書くブログ。その飼い主であるおにーちゃんは、我流出鱈目式の沖縄三線弾き。
どちらもブリーダーとペットショップが大嫌い。

2010年01月13日

レスタヴェック(子どもの奴隷)

おいらのおうちには、今たくさんのおやつがある。
でもこれは、決して嬉しいおやつじゃない。

近所にてっちゃんというおいらの友達わんころもちがいた。
二週間ぐらい前に、てっちゃんは天国に旅立った。
友達の少ないおいらの、貴重な友達の内の一匹だった。



本日、ハイチの地震のニュースを見る。
神様なんて、やっぱり居ない。
ほとんどの人が極貧で、なおかつ奴隷にされる子どもの居る地に、
まだこれ以上の試練を課すのだ。

例えば、
横抱きのまま奴隷として売られて、そのまま地震で死んだ子どもがいるのなら、
その子は一体何のために生まれてきたの?
面白いこと、あったの?
誰かに愛されたことはあったの?
生きてて幸せだったこと、あったの?
こんな不公平な世界を憎まなかったの?



ハイチ地震救援金
赤十字の壁紙がもらえる。

沖縄三線とおいらの日々。-三線と雑種犬のいる風景-

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。