動物愛護センターにて保護された雑種犬がすき放題に書くブログ。その飼い主であるおにーちゃんは、我流出鱈目式の沖縄三線弾き。
どちらもブリーダーとペットショップが大嫌い。

2010年02月19日

にーちゃんのじーちゃん

にーちゃんのじーちゃんは、羽原正一と言う人だ。
たまに話してくれるので知っている。
にーちゃんはじーちゃんの残した本を時々読んでいる。



おいらはよく分かんね。
農民解放とか。



じーちゃんは1995年に死んでいる。
だからおいらは出会ったことがない。
農民解放運動に従事していたということ、一時期神父さんをやっていたこと、
何度も特高(政治警察)に捕まったこと、そんなことを断片的に聞いたことがあるだけだ。



にーちゃんは革命歌が好きで、水平歌が好きで、
そういう音源をあさっていた時期があった。
意外と図書館に多いんよな〜、と嬉しそうに話していた。
そして本を色々調べていて知ったのがドンドン節という歌。


作詞作曲:好井一美、羽原正一


まだ聴いたことがない。
音源が手に入らない。
何に収録されてるのかまでは判明したが、その資料が手に入らない。
っていうか、じーちゃん曲なんて作れたのか。



人生は、おかしなところでつながりを見出してくれる。
何の因果かは分からないけど、色々な意味で交錯する。
にーちゃんは満月の夕を耳にした。
三線を手にした。
ちんどん隊を結成した。
カチューシャの唄やアリランを演奏した。
もっと色々な名曲を知りたいと思った。
革命歌を調べた。
労働歌を調べた。
ドンドン節を知った。



まぁ。
悔やんでもいるみたいだけど。
今でこそじーちゃんに聞きたい話はあったみたいやから。





これは夜風をあびている最中のおいらです。
冬の方がずっと好きです。
真夏の暑さは、おいらのバッテリー残量を根こそぎ持っていってしまうのだあああ。

あー涼しい♪
おとついは鳥の胸肉を食べました。
今日はありませんでした…。
明日はあるでしょうか!?(*・ω・*)



労働歌と革命歌だけのうたごえ喫茶

大阪でやってくれたら毎日通うのに(笑)



沖縄三線とおいらの日々。-三線と雑種犬のいる風景-

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(1) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

素人やけどめちゃくちゃかっこいい人々

オジー自慢のオリオンビール
ホームパーティ的雰囲気。
もう、完璧に自分の唄やね!\(^o^)/
かっこいい!





モンゴルのホーミー
演奏曲がアリラン!
かっこいい!





Goodnight Irene
どっかのおっさんが歌うGoodnight Irene。
酒飲んでてあまりにも感極まったにーちゃんが、
エキサイト翻訳を使って感動を伝えるレスをしたら、
おっさんから「ウォウサンキュー」って返事が来た思い出の動画(笑)
かっこいい!





遊び庭
即興演奏らしい…。
かっこいい!





The Pogues - Fairytale of New York
ポーグスのFairytale of New Yorkを、老若男女問わず色々な人がバトン形式で歌う。
キーバラバラやしうまいとはまた別なんやけど、
この歌がいかに人々に愛されてるのかがよく分かる。
かっこいい!





岬めぐり
どっかの歌声喫茶。
最後の「胸に沈めたら〜」の振り付けがかわいい(笑)
そんでかっこいい!





Cooley's Reel
アイルランドのどっかのCDショップ?
Cooley's Reelの中でも、一番大好きな演奏。
にーちゃんのメディアプレイヤーにはこの音源が入っている。
かっこいい!





唄はこうあってほしいなぁ。
こうやって根付いていってほしいなぁ…。
これからもまたどんなのか、色々な魂に出会い続けていくとみた。
今までも、レインボー色の変な魂に出会い続けてるけど、まだまだ人生は続く。
いや、犬生は続く。



最後、Fairy tale of new York
本家のPogues。
かっこいい!



沖縄三線とおいらの日々。-三線と雑種犬のいる風景-

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

2010年02月07日

女性にはかなわない

ヤキモチを焼く女性



ビッグイシュー136号より、ダスティン・ホフマンへのインタビュー記事から。


−−それにしても、とホフマン。
「どうして妻は、僕が他の女性を見ているとわかるのかな?
リサ(ホフマンの妻)は私のあごをつかむんだよ。
『どうして僕が女性を見ているってわかるんだい?
自分が気づくより前に、君に気づかれてしまうんだ』と僕が言うと、
『2人で道を歩いていると、あなたが息を止めるのが聞こえるし、
わかってしまうのよ。動物的なものかしら』だって」。
女性にはかなわないとばかりに、73歳の名優は肩をすくめた。




ということです。
しょせん男性は女性にかなわないということが判明いたしました。
ご愁傷様ですm(__)m

沖縄三線とおいらの日々。-三線と雑種犬のいる風景-

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。