動物愛護センターにて保護された雑種犬がすき放題に書くブログ。その飼い主であるおにーちゃんは、我流出鱈目式の沖縄三線弾き。
どちらもブリーダーとペットショップが大嫌い。

2009年12月03日

目の錯覚を引き起こす絵




















うわーー。
目が目がぁあああーー。






おかしくなる(*・ω・*)

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

12月12日 午後10時〜「追跡!A to Z」-猫の里親詐欺犯-

色んなブログにて、こんな記事をたくさん見つけました。
以下転載。




この記事は転載歓迎です!



この夏から友人のchocoさんが、ずっと追ってた里親詐欺犯
切っ掛けは、chocoさんが保護した仔猫の小姫ちゃん でした。



足をケガした状態で捨てられた小姫ちゃんは、せっかくchocoさんに
保護されたのに・・・力尽きて、虹の橋に旅立ってしまいました。
(亡骸は証拠のために未だ荼毘に伏せられることなく、冷凍保存されています。)



この里親詐欺犯は、ネットで里親募集されているところから次々と仔猫を譲り受け
リードで繋いで、お散歩と称し外を連れ回し
公園の滑り台を滑らせ、無理矢理リードを引き寄せたり
とても、楽しくお散歩とは言い難い行為をしています。



そして仔猫が大きくなったり、肩に乗せて連れ回せなくなった。
懐かないと可愛くない!



そんな猫たちを次々と公園に捨てたり
ネットで里親募集をして人に譲り渡したり
果ては、踏みつぶして殺したりと、とても猫好きは思えない事を続けています。



里親詐欺犯のブログを全てチェックし、chocoさんが警察に行っても相手にされず
愛護団体は動かない。



仕方なしに、chocoさんは詐欺犯のブログを毎日チェックし
猫の出入りを記録し、捨てたと思われる場所へ毎晩で掛け
時間を掛けて、詐欺犯が捨てた猫たちを保護していました。



そんな時、たまたま私のところへNHKクローズアップ現代の
ディレクターから里親詐欺の情報提供のメールがありました。



渡りに船!!すぐにchocoさんに連絡し、NHKの取材を受けて欲しいと・・・
NHKのディレクターも乗り気になってくれ、大阪に入り取材、詐欺犯の尾行
そして11/8にはchocoさんと一緒に詐欺犯宅へ乗り込み
ヤツの所にいた猫たちを、全部引き上げることに成功しました!



この様子を撮影した番組が放送されます。
NHK総合   12月12日(土曜日)   午後10時〜
「追跡!A to Z」




今回の大阪の詐欺事件には、全く警察は動きません。
弁護士の先生のほうでも中々手が出せないような状態です。



ぜひ、みなさんに放送を観ていただき、詐欺犯を目に焼き付けてください。
警察が動かない以上、私たちが詐欺犯を監視するより他に
これ以上の被害を食い止める術はありません。



chocoさんとNHKが乗り込んだ、直後またヤツは新しい猫を家に入れています。
里親募集をしている方は、どうかくれぐれも注意してください。
虐待目的でもなく、ただ仔猫を集めまくる。
こんな里親詐欺もいるんです・・・



私は、不思議でなりません・・・
chocoさんは、個人で保護活動をしている
ごく普通の、おばちゃんです。
何故?一個人がここまでしなければいけないのか?



今の動物愛護管理法では、こいつを裁くことは出来ないのか?



何故?警察は動かないのか?
何故?保健所は飼育指導もしないのか?



しかも、この詐欺犯、無職で生活保護を受けている・・・
猫を何匹も飼い
日中、大阪市内を猛スピードで自転車を乗り回す元気がある人間が
何故?生活保護を受けられるのか?
何故?民生委員は生活状況を確認しに行かないのか?



この件には、NHKだけではなく、chocoさんの身近で助けた
たくさんの人達の協力がありました。



そして何よりも、いつ寝ているのか?
と思うほど頑張ったchocoさんの執念・・・



やっとここまで辿り着きました。
でも・・・この先は、どうしたら良いのか・・・



chocoさんのコメントを掲載します。



【ありがとうございます。
そうです・・・
私は、本当に普通のおばちゃんです。

だけど、こいつだけは、許せんかった。
小さな小さな小姫を、こんな目に合わせたことが。。。
そして、調べるたびに出てくる無数の仔猫たちの表情を見て。。。
こいつがあげる動画の中で。。。
嫌がる仔猫の声と映像に虫唾が走りました。

1日に3度のブログ更新を・・・
最初から整理しました。

本当にもっときちんとした、動愛法の改定が待ち望まれます。

皆様もご一読くだされば、ありがたいです。

どうか、力を貸してください。】


posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | おいらの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

映画「犬と猫と人間と」-人間よりマシみたい。動物の方が-

おいらは元々、愛護センターからおにーちゃんのところにもらわれた犬だ。
だからおいらには帰るおうちがある。





おにーちゃんの住んでいるおうち、それがおいらの帰るおうちだ。
食べ物もある。
おにーちゃんやおかーちゃんから朝ごはんと晩ごはんをもらって、時々おやつももらう。
寝床はおにーちゃんの眠るベッドの上だ。
おにーちゃんの足を枕にしたりして眠る。



映画「犬と猫と人間と」を見た。





出てくる犬と猫のほとんどは、帰るおうちがなかった。
ベッドもなかった。
というよりも、保健所や動物愛護センターの檻の中の犬と猫は、帰る家を剥奪された犬と猫だ。
冷たそうな床だった。

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫



涙が出た。
がちがちに震えて、誰かを呼んでいた。
誰かを信じて、そして死ぬまで誰かを信じていたのかもしれない。
裏切られても。



1日1000匹近くが殺処分される。
おいらは、これほど多くの同胞たちが残虐な運命をたどってることを知らなかった。
飼い主の都合で、捨てられた。
飼い主の都合で、差別された。



保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫



おいらたちは喋れないから。
人間みたいにぺらぺら喋れないから。
仕方がないのかなぁ。
おいらたちは、ガスで殺されても仕方がないのかなぁ。



動物"愛護"センターは犬と猫を殺すところだ。
動物"殺処分"センターと掲示した方が分かりやすいのに。
人間の言葉、難しい。



「かわいそうなんだけどねえ」と苦笑いしながら、子猫を保健所に持ち込んでくる人。
人間の感情、難しい。



保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫



ホームレスのおじちゃんが捨てられた猫を保護していた。
猫を捨てる人と拾う人、一体どっちが社会的なんだろう。
人間の社会、難しい。



これだけ犬も猫も殺されてるのに"ブリーダー"という商売人の手によって、純血種は生産され高いお金で買われていく。
お金で買う"家族の一員"ってどんな一員なの?
人間の愛、難しい。

保健所で殺処分される犬と猫
売るのも買うのも[犬生体]だったらビッダーズ



人間はみんな「弱いものいじめはよくない!」って言うのに、弱いものたちがいつも一番にしわ寄せを食う。
人間の建前、難しい。



映画の中で「人も好きですけど、人間よりもマシみたい。動物の方が」と、そう言った猫おばーちゃん。
その気持ちだけは、おいらにもよく分かった。





おいらたちはゴミだ。
そう、ゴミだからこうやって捨てられる。
でも、生まれ変わっても、人間にだけはなりたくない。
人間に生まれ変わるなら、ゴミのままでいい。




保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫

保健所で殺処分される犬と猫



この映画は希望の灯火だ思っている。
たくさんの人の目に、留まることを。





捨てられた犬と猫に対する一票、「犬と猫と人間と」は希望の灯火だ!の一票、このブログに対する一票をどうぞよろしくお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 底辺の犬たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

三線ばっちーーん!!

三線の女弦
うーーん、女弦ちぎれる…。

posted by 沖縄三線とおいらの日々。 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おにーちゃんの三線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。